父と暮せば[2004]


entry-492


おとったん、
   ありがとありました。


題名:父と暮せば
ジャンル:ドラマ戦争
作品時間:99分
製作年:2004年
製作国:日本
映倫:―

[IMDb] 評価:7.2/10
[Rotten Tomatoes] 評価:NO SCORE METER:NO SCORE SCORE:100%
[Yahoo!] 評価:3.79/5
[映画.com] 評価:3.5/5
[Movie Walker] 評価:4.0/5

監督:黒木和雄
出演・声の出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 他

2004年7月31日公開の映画:父と暮せば

解説:井上ひさしの同名戯曲を、『TOMORROW/明日』『美しい夏キリシマ』など、戦争をテーマに市井の人々の姿を描いてきた黒木和雄監督が完全映画化。彼の戦争レクイエム三部作が、本作でついに完結する。原爆で父や友を失い、自分だけが生き残った罪悪感に苛まれる娘を宮沢りえが熱演。わが子の幸せを思い死にきれず、愛娘の前に現れる心優しき父親を原田芳雄が演じる。後世に語り継がれるべき悲劇を真摯に伝える入魂の一本。

ストーリー:1948年夏、広島。原爆によって目の前で父・竹造(原田芳雄)を亡くした美津江(宮沢りえ)は、自分だけが生き残ったことに負い目を感じ、幸せになることを拒絶しながら生きている。そんな彼女の前に、竹造が幽霊となって現れた。実は、美津江が青年・木下(浅野忠信)に秘かな想いを寄せていることを知る竹造は、ふたりの恋を成就させるべく、あの手この手を使って娘の心を開かせようとするのだが、彼女は頑なにそれを拒み続けるのだった。しかし、やがて美津江は知るのである。瓦礫の下から助け出そうとする自分を、なんとしても逃がそうとした父の想いを。自分の分まで生きて、広島であったことを後世に伝えて欲しいという父の切なる願いを。こうして、美津江は生きる希望を取り戻し、それを見届けた竹造は再びあの世へと帰って行くのだった。

entry-492-0


[父と暮せば楽天市場で検索]






[父と暮せばをAmazonで検索]

父と暮せば プレミアム・エディション [DVD]


父と暮せば 通常版 [DVD]


父と暮せば (新潮文庫)


映画パンフレット 「父と暮らせば」監督 黒木和雄 出演 宮沢りえ 原田芳雄 浅野忠信




父と暮せば

配信されているかどうかは時期によって変動します。最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトでご確認ください。

U-NEXT→→→無料体験期間:31日間
Hulu→→→無料体験期間:14日間
dTV→→→無料体験期間:31日間
FOD/フジテレビオンデマンド→→→無料体験期間:31日間
auビデオパス→→→無料体験期間:30日間
DMM見放題chライト→→→無料体験期間:14日間
ニコニコ動画→→→無料体験期間:なし
dアニメストア→→→無料体験期間:31日間
Netflix(ネットフリックス)→→→無料体験期間:1ヶ月間
Amazonプライム・ビデオ→→→無料体験期間:30日間
TSUTAYA DISACS/TSUTAYA TV→→→無料体験期間:30日間

↓この映画情報が参考になれば、応援お願いします!
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画ドラマ映画ランキング動画ランキング
とれまがblogramのブログランキングPVランキング


観たい映画やドラマ・アニメを
 ・ダウンロードしたい。
 ・高画質で鑑賞したい。
 ・最新作が鑑賞したい。

という方にオススメの動画配信サービス!
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆オススメの動画配信サービス☆

関連記事
スポンサーサイト

Tag:ドラマ 戦争

COMMENT 0